金正恩は反原発派。

 北朝鮮の内部事情に詳しい消息筋は22日「金正恩第1書記は最近、北朝鮮の発電容量拡大に関する内部会議を主宰し、水力発電所の建設を強調したが、一部の高級幹部が『原子力発電所が建設されるまで電力問題は解決できない』と主張したという。金正恩第1書記は非常に怒り、その場で幹部らを解任し、降格させた」と伝えた。


 北朝鮮は、国際社会の支援を受けたKEDO(韓半島朝鮮半島〉エネルギー開発機構)の軽水炉建設が核実験の影響で白紙になった後、金正日キム・ジョンイル総書記の指示で、熙川ダム・清川江ダムなど大規模な水力発電の建設へと方向転換した。金正恩第1書記は「外勢」の支援がいらない水力発電を強調したが、幹部らは「それだけでは電力難を根本的に解決することはできない」と反発したのだ。
出典:金正恩氏が水力発電所建設を指示、幹部は面前で反対:Chosun Online | 朝鮮日報

広告を非表示にする